簡単にマイカーを収益化!広告したい企業と個人をマッチング

Posted by

マイカーを収益化したいと考えたことはないでしょうか。シェアリングサービスのひとつとしては、スマホでタクシーを呼べるサービスが注目を集めていますが、それよりも簡単な方法が自分の車を広告にしてしまう方法です。2015年に創業した米カリフォルニア州の企業は、野外広告を展開したい企業と、マイカーを収益化したい個人へマッチングさせるサービスを提供しています。プログラムに参加するには、2008年以降の型式の車であることや、ドライバーの年齢が21歳以上、違反や事故歴がないことが条件。同社のスマホアプリをダウンロードして、アプリを起動したら、通勤や休日に車を利用します。アプリが日常的に走行するルートや走行距離などの走行データを記録、分析すると、キャンペーンを実施したい企業からのオファーを受けることができます。マッチングが成功すると1カ月から1年程度の期間、車のボディに広告を施して普段通り車を使用するという流れ。走行距離に応じて広告料が支払われます。広告費は、広告の面積と走行距離によって算定され、決して大きな金額ではないものの、車の維持費を広告費で賄うことができると注目されているのです。なお、広告のラッピング塗装費用は広告主が負担し、契約期間が終了するときはボディにキズが付かないようにはがすことができます。