消費者の心理を知り尽くした商売人魂!通販で成功した精肉店

Posted by

インターネットでゼロからサイトを構築して物販をする場合、順調に注文が入るようになるまでに1年程度はかかると言われています。三重県松坂市に、わずか半年で月商100万円を突破し、採算面でも黒字化を達成した精肉店があります。精肉店が扱っているのは、高級和牛の松坂肉です。松坂牛はデパートに行けば買うことができるものの、手の届かないあこがれの存在と考えている人は多いはず。精肉店のwebサイトを通じて、そのあこがれの存在が、手を伸ばせば届く存在になっています。精肉店の店主は、webサイト構築の専門家ではありません。現代でこそ珍しい手法ではなくなっていますが、初めての客に「お試し肉」を導入し正規の商品の購入につなげる、商品画像を添付して客の不安を取り除くという手法は成功の秘訣の一部。既存百貨店との肉の入手ルートの違いを解説したり、送料無料などこれまでの常識を覆す採算性の考え方を取り入れたりしたこともポイントです。大手資本のショッピングモールや百貨店が販売に苦戦する中で、通販で物販を成功させるには広告費を投入して単純に露出を増やすことも考えられますが、アクセスしてもらった人が買いたくなるような仕組みをサイトの中に仕込んでおくことは必須です。売り手として宣伝文句を考えるだけでなく、消費者の心理を考えることが商売人の基本と言えるでしょう。