通勤時間に着目!すき間時間に耳から勉強で難関資格に合格

Posted by

働きながら資格試験のための勉強をするのは、かなりのモチベーションを必要とします。特に紙の参考書を開くには、それなりの時間を取る必要があるからです。働きながら資格試験に効率的に合格する方法として、通勤に目を付けた日本の会社があります。サラリーマン時代に大手ITベンダー企業の経営情報システムのコンサルタントをしていた社長は、サラリーマンの個人の能力を最大限に引き出す学習方法を独自に研究していました。思いついたのは、通勤時間を資格の勉強時間に充てる方法です。首都圏におけるサラリーマンの通勤時間の平均は約30分、東京に勤め先がある人の場合は、1時間以上も珍しくありません。すき間時間でも積み重なればかなりの時間に相当します。同社の教材は、スマートフォンやタブレットで音声教材を中心とした勉強法を提案するものです。紙の冊子などの提供や採点のサービスがない分、大手予備校におけるカリキュラムの5分の1程度の価格におさえていることも特徴のひとつです。税理士や司法書士、中小企業診断士など法律系資格からビジネス資格までラインナップがあります。スマートフォンやタブレットをうまく活用し、現代の日本人のライフスタイルにも合った勉強法は、これまでの資格試験対策の常識を変えるビジネスモデルといえるでしょう。