エンジニア職の架け橋に!マッチングでWin-Winの関係へ

Posted by

IT業界でのエンジニア不足は深刻な問題になってきています。その状況下においてエンジニアに特化した人材紹介は活発にビジネスが活動中です。人材紹介業界は、一時期極端に冷え込んでいました。そんな中で、一番ニーズが多かったのが営業職です。すぐにでも案件をとってこられる人材を企業は欲しがっていました。しかしその企業にマッチする営業職の人材がそれほど多くはなく、人と人との相性もあり、なかなかお互いがWin-Winの関係にならないのです。そんな中で注目したのが、エンジニア職。エンジニアにももちろん相性はありますが、まず、その人のもつ技術や過去の経験が、欲しがっている企業にもわかりやすくアピールできます。その結果、マッチングがしやすいということになります。また、技術職の人は、自分のプロジェクトが終わったタイミングで転職をするという先の見通しも明るいでしょう。そのため、欲しい技術をもつエンジニアと前もって関係をもつことで、必要なタイミングで必要な人材を紹介できます。少しずつニーズも増えていて、現代では多くの技術職の人材を紹介しています。自分自身が、もともと技術職であったこともあり、人材紹介を希望する人材の技術レベルを計るインタビューも行いやすい傾向です。企業とのマッチングがしやすいということもあり、ビジネスがうまく回っていった成功事例といえます。